(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

例会?

  • 会員
  • 2019/03/14 (Thu) 16:00:29
例会のテーマが、それぞれ大事なことではありますが、「老人福祉問題」から、ずれてはいませんか。
老人福祉の現状は、問題山積なのです。
一部の恵まれた人々には無関係で、触れたくない問題なのでしょうが、「老人福祉」自体が危ういのです。
悲惨な現状の問題認識と、改善策を模索するのが、研究会なのではないでしょうか。
きれい事、言葉に終始しているように思えてなりません。

3月例会のお知らせ

  • 高木博史
  • 2019/02/28 (Thu) 06:39:33
3月例会

テーマ:国立国府台病院の隠されたカルテから現代に繋がる戦争神経症を語る

昨年末、NHKが放映した「隠されたトラウマ~8000人の病床日誌から」は大きな反響を呼び、4回にわたり再放映されました。それは、過去に人生を抹殺された人々の悲劇というだけではありません。

今日でもイラク、アフガニスタン、スーダンなど戦場に兵員として派遣されたアメリカ、日本などの若者たちが戦争神経症に蝕まれ、老いに向かって悲惨な人生を送っているからです。

※「過去に目を閉じる者は、結局のところ現在も見えなくなる」(ヴァイツゼッカードイツ第6代大統領)

講 師  横湯園子さん(*元国立国府台病院職員、**臨床心理学*
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A8%E5%BA%8A%E5%BF%83%E7%90%86%E5%AD%A6> ;

*・**教育学者*
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%99%E8%82%B2%E5%AD%A6%E8%80%85> ;

*。元北海道大学・**中央大学*
<https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E5%A4%A7%E5%AD%A6> ;*教授、社会活動家)

※発言:当事者家族*

と き 3月16日(土)午後2時~

会 場 大正大学巣鴨校舎7号館774教室((都営地下鉄三田線「西巣鴨」下車徒歩2分)

資料代 500円(学生無料) 参加事前申し込み不要

主催:全国老人福祉問題研究会

〒189-0021 東京都東村山市諏訪町2-26-1 白十字ホーム気付

042-392-8982(10時~17時まで)

e-mail:mail@roumonken.sakura.ne.jp

2月例会のお知らせ

  • 高木博史
  • 2019/01/30 (Wed) 15:39:31
全国老問研2月例会

テーマ 消費税とその引き上げが高齢者の生活に及ぼす影響から高齢者福祉を考える(仮題)

講 師 安達智則さん:東京自治問題研究所主任研究員 都留文科大学非常勤講師

と き 2月16日(土)午後2時~

会 場 大正大学巣鴨校舎7号館774教室(都営地下鉄三田線「西巣鴨」下車徒歩2分)

資料代 500円(学生無料) 参加事前申し込み不要



主催:全国老人福祉問題研究会

〒189-0021 東京都東村山市諏訪町2-26-1 白十字ホーム気付 042-392-8982(10時~17時まで) 

2019年1月例会のお知らせ

  • 高木博史
  • 2019/01/06 (Sun) 19:52:04
皆様、明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

さて、今年最初の例会のお知らせです。

全国老問研1月例会

テーマ 差別がもたらす人権侵害~ハンセン病患者差別の史実から

窮極の差別と過酷な弾圧を受け、青春も家族も人生も奪われたハンセン病の患者さんたち、その背景には国民の無関心も大きく影響していました。映像、パワーポイント、講演で最近の元患者さんたちの名誉回復・復権のねがいと運動を知ると共に、いまの社会で高齢であることを理由にした差別をはじめ、LGBTや韓国人、中国人などに対する差別、さらには女性に対する差別などのさまざまな差別の実相と私たちに求められるものは何かを議論します。

講 師 儀同政一さん(国立ハンセン病資料館参与)

と き 1月19日(土)午後3時~

会 場 白十字ホーム地域研修交流センター(西武池袋線「秋津」下車徒歩7分)、JR武蔵野線「新秋津」下車徒歩7分)

※地図 添付ファイル

資料代 500円(学生無料) 参加事前申し込み不要

主催:全国老人福祉問題研究会

〒189-0021 東京都東村山市諏訪町2-26-1 白十字ホーム気付

042-392-8982(10時~17時まで)

e-mail:mail@roumonken.sakura.ne.jp

10月例会のお知らせ

  • 高木博史
  • 2018/10/02 (Tue) 09:23:40
テーマ 介護職不足深刻化のもとでの外国人介護職導入の問題点と課題

報告者 西岡修(21・老福連代表幹事)、伊藤裕之(千葉・やわらぎ苑)

「人手不足倒産」も取り沙汰されるほどの介護職求人難のもとで、わが国より生活水準が低い開発途上国の若者を技能実習生などの名目で導入する対策が推進されています。しかし、言語の問題も含め、その前途には多くの困難な課題が待ち受けています。この問題をどうとらえればよいか、介護現場、介護業界の受入れ体制は?などの報告を受け、検討します。

とき 10月20日(土)午後3時~

会場 大正大学巣鴨校舎7号館774号教室(都営地下鉄三田線「西巣鴨」下車徒歩2分)

資料代 500円(学生無料) 参加事前申し込みは不要

主催:全国老人福祉問題研究会

〒189-0021 東京都東村山市諏訪町2-26-1 白十字ホーム気付

☎042-392-8982(10~17時まで)

e-mail:mail@roumonken.sakura.ne.jp

月刊「ゆたかなくらし」8月号が発売されました!

  • 事務局
  • 2018/07/08 (Sun) 07:44:09
今月号の特集「戦後73年に改めて福祉と文化から“戦争と平和”を考える」です。9条俳句の公民館だより掲載拒否を巡る問題から表現の自由と戦争反対への取り組み、普通の市民の視点からの戦争体験、平和活動を通じて戦争と平和を考える特集です。
「21・老福連の頁」では、新潟市の特養あしぬま荘の施設紹介、松戸市のショート専用施設やわら木苑五香で働く介護職員さんの紹介、そして岐阜市の特養「あんきの家細畑」での「安気(あんき)」に暮らせる施設づくりと題した実践報告です。

今号では第2回「奨励賞」原稿募集のお知らせを掲載しました。研究成果、実践活動の成果など、是非ご応募ください。

Re: 月刊「ゆたかなくらし」8月号が発売されました!

  • 事務局
  • 2018/08/21 (Tue) 12:22:54
9・25の会事務局より、参加申込みを〆切り、全国から50名を超える参加で開催の予定ということです。セミナーでは講演とグループ討議、交流会、フィールドワークと多彩なプログラムで開催されます。

21・老福連全国研究交流集会のおしらせ

  • 事務局
  • 2018/08/13 (Mon) 10:19:56
21世紀・老人福祉の向上をめざす施設連絡会(略称:21老福連)では、第18回となる全国職員研究交流集会を、来たる11月24日(土)~26日(月)までの3日間、熊本市で開催します。
集会のメインは、6分科会18分散会での現場実践研究報告と討議です。発表者と参加者の交流を深め、課題を共有すると共に,日頃の実践の意義を共に考え、これからの実践に活かす出発点となっています。

※詳しくは開催要綱をご覧になり、ぜひ参加をご検討ください。
  開催要綱HP www.roufukuren.jp/shiryou/kumamoto/18kumamoto-youkou.pdf

※お問い合わせは、現地実行委員会までお願いします。

  現地実行委員会 特別養護老人ホームたくまの里
   電話 096-382-3222
   住所 〒861-8035 熊本市東区御領1-13-26

9月例会のおしらせ

  • 事務局
  • 2018/08/13 (Mon) 09:48:52
全国老問研 9月例会のおしらせ(8月の例会はお休みです)

テーマ 介護職員へのハラスメントの実態とあるべき解決の方向(仮題)

報告者 ホームヘルパー(木下秀子さん、藤原るかさん、森永伊紀さん   =予定 ほか)

 介護クラフトユニオンや全国訪問看護協会が現場の深刻な実態の調査結果を発表、厚生労働省も今年中に全国調査を実施、事業者向けマニュアルを作成するとのこと。例会では現場から実態の報告を受け、解決の方向を話し合い、全国に発信し提起したいと考えています。

日時 9月15日(土)午後3時~5時30分
会場 大正大学巣鴨校舎7号館747教室

資料代 500円(学生無料) 参加事前申し込みは不要


全国老問研 会費納入のお願い

 従来、月刊「ゆたかなくらし」の購読料と併せて会費納入をお願いしていましたが、今年度より事務局に直接郵便振替で納入をお願いします。
 郵便振替等は下記の通りです。なお領収証は、振込時の控証でかえさせていただきます。

 年会費 千円

 郵便振替口座記号番号  00190-6-635430番
 口座名称(フリガナ)   全国老問研(ゼンコクロウモンケン)
 加入者払込店      東村山

 お近くのの郵便局で郵便振替にてお送りください。ATMからの場合、80円、窓口からの場合は120円の手数料がかかりますので,ご負担お願いいたします。なお、郵便局の貯金通帳をお持ちで、通帳から引落し振替られた場合は、手数料は無料(月3回まで)です。

ピースセミナーのお知らせ

  • 事務局
  • 2018/07/08 (Sun) 07:22:21
高齢者福祉9条・25条の会では、昨年の長崎セミナーに続き、来る9月25日・26日に東京でピースセミナーを開催します。全国老問研は実行委員会に参加しています。
10年前の東京での開催では、江東区の東京大空襲・戦災資料センターにおいて早乙女勝元館長の講演、空襲被害を語り部の皆さんと共に巡るツアーをメインプログラムに開催しました。
今回は、1日目、明治大学平和教育登戸研究所資料館山田朗館長から「近代日本の戦争」をテーマに講演とグループセッション、2日目は、現在明治大学登戸キャンパス内にある旧日本陸軍の秘密戦兵器・資材の研究開発を行っていた研究所跡地の資料館見学を予定しています。
参加申込み〆切りは7月31日です。
詳しいことは、HPをご覧になり、是非お申し込みください。

高齢者福祉9条・25条の会 HP
 https://welfare9-25.jimdo.com/
明治大学平和教育登戸研究所資料館
 http://www.meiji.ac.jp/noborito/about/index.html

7月例会のお知らせ

  • 事務局
  • 2018/07/08 (Sun) 07:00:23
テーマ 介護・看護労働者の過酷な夜勤の実態と改善の方向(仮題)

医労連では毎年、介護労働者、医療労働者の賃金や夜勤の実態調査を実施していますが、そこで明らかにされた過酷な実態と改善の課題について報告いただきます。

講師 三浦宜子さん(日本医療労働組合副執行委員長)

日時 7月21日(土)15時~17時30分

会場 大正大学巣鴨校舎7号館774号教室

交通:JR池袋駅東口より都バス
    浅草雷門行、浅草寿町行、王子駅行 とげぬき地蔵行等
                   「堀割」下車すぐ 
   都営地下鉄三田線「西巣鴨」下車すぐ

資料代 500円(学生無料) 参加事前申し込みは不要

主催:全国老人福祉問題研究会

※8月は例年通り例会は休会です。